少ない麻酔で痛みをさらに軽減した超音波ミラドライ

ミラドライからさらに進化したわきが治療法として超音波ミラドライというものがあります。その名称からミラドライに使用するマイクロウェーブと同時に超音波を併用する治療法だと思うかもしれませんが、それは違います。

この超音波ミラドライは、マイクロウェーブと超音波が完全に独立しており、それぞれがそれぞれの役割を分担して、わきが治療の効果と安全性を高めてくれるのです。マイクロウェーブは通常のミラドライ同様、水分子に干渉して汗腺に狙いを定め破壊し、超音波は汗腺を破壊する際に発生する痛みを抑制する麻酔の効果を高めてくれるために貢献してくれます。麻酔を注射した後、同様の箇所に超音波を照射すると、振動によって麻酔か広範囲に拡散し、麻酔効果を広げてくれます。

本来、麻酔効果を広くするにはより多くの麻酔を注射する必要がありましたが、超音波によって少ない麻酔で広い範囲をカバーすることができるようになったのです。こういった痛みを抑制するために麻酔を使用する手術の殆どは、麻酔の量によって術後の経過が大きく左右されます。

手術の室を麻酔の量が決めると言っても良いのです。そのため、麻酔の量は可能ならば少なければ少ないほど望ましく、少量の麻酔で最大の効果を発揮させてくれる超音波は、手術の質をさらに高めてくれているのです。名称から受けるイメージのようにマイクロウェーブと超音波を混ぜた治療法では無く、それぞれが別々の役割を果たし、本来のわきが治療の質を高め、より安全にわきがを完璧な

ページのトップへ