多汗症の治療にもなるミラドライ

ミラドライという最新のわきが治療は実は多汗症の治療にも応用する事ができます。これはミラドライという治療法限定の応用方法では無く、殆どのわきが治療のための手術に共通することなのです。

それというのもわきがの臭いの発生プロセスには腋の発汗機能が大きく関わっており、どのようなわきがの治療法でも腋の発汗機能である汗腺を取り除く行程が含まれる事になります。さらに手術だけで無くわきがの臭いを抑制する保存療法ですら、殆どが腋の発汗を抑制する対策ばかりなのです。ここまで腋の発汗機能が重要になるのは、わきがの臭いが発生する原因の殆どが腋から分泌されるあせにあるからなのです。

とはいっても腋から分泌される汗全てが問題ではありません.たとえ多汗症であり、腋から大量に発汗する体質の人でも必ずしもわきがであるとは限らないのです。わきがであるかどうかは腋の汗腺にアポクリン腺という特殊な汗腺がどれだけの割合で含まれているかに左右されます。このアポクリン腺の割合が多いとそれだけわきがの臭い物質が大量に分泌されることになるのです。

もしアポクリン腺が少なければ、多汗症で幾ら汗を大量に発汗してもわきがの臭いは殆ど発生しないのです。ミラドライという最新わきが治療はマイクロウェーブで腋に密集している汗腺の水分子を振動させ汗腺を破壊することでわきがを治療することができます。アポクリン腺を通常の汗腺ごと破壊する治療法であるため、結果として腋の発汗機能を減少させる多汗症の治療にも応用できるのです。

ページのトップへ