剪除法よりも傷も負担も少ないミラドライ

わきがを治療するための手術の方法として、剪除法という手術方法が最も古いものとなります。

その方法は至ってシンプルであり、わきがの臭いの原因が発汗にあることが分っているため、その発汗機能である汗腺を腋から根こそぎ除去するため、腋の一部の皮膚を切開し、そこから医療用の大きなハサミを差し込み、皮膚の下の汗腺を含んだ組織を根こそぎ削り取ると言った手術方法です。この方法が豪快ではありますが、だからこそ腋の汗腺を全て取り除き、発汗機能と共にわきがの原因であるアポクリン腺を除去する効果は絶大なものがあります。ただし、腋の皮膚の下の組織をかなり切除することが前提の手術方法であり、施術後の腋のケアをしっかりと行わないと、腋の動作に支障が残ってしまう可能性は充分考えられるのです。

そのため、剪除法というわきが治療はミラドライが開発され、登場する前も人気が低く、カニューレを使った吸引法の方がわきが治療としてポピュラーなものとなっていました。剪除法は汗腺をハサミで切りとる手術であるため、どうしてもハサミを差し込むために大きめの切開痕を作らなければならず、美容のためにわきがを治療しようとする当時の女性に傷痕を忌避されていたため不人気となったのです。

その点ではカニューレを差し込む小さな傷痕だけですむ吸引法はもちろんのこと、なにより全く傷痕を残さないミラドライの方が女性としては望ましいわきが治療法であることは間違いありません。実際ミラドライが登場したことで、女性のわきが治療の需要の殆どは最新のわきが治療に集中するようになっています。

ページのトップへ