吸引法のように汗腺を外部に取り出さず吸収せせるミラドライ

わきがを治療する吸引法は、カニューレを挿入するための小さな傷痕がどうしてもできてしまうことは避けられませんが、傷痕と言ってもカニューレを差し込む小さな切開しかしないため問題と言えるほど大きな傷跡は残りません。

さらに腋という見えにくい箇所にできる傷痕であるため場所と角度によっては人目に全く触れないように傷痕を配置することももちろん可能なのです。

吸引法においては剪除法のよう二傷痕がネックになる事は少ないでしょう。ただ、吸引法と最新のミラドライで最も大きな差と言えば、汗腺を取り除くために脇の下の組織を外部に吸い出すか、破壊した跡自然に体内に吸収させるかの違いがあります。吸引法はカニューレを挿入し脇の下の組織を汗腺ごと吸い出すことが目的の手術です。超音波を使用して脇の下の組織を攪拌して吸い出す超音波吸引法も同様となります。しかしミラドライは腋の上からマイクロウェーブを照射し、汗を分泌する汗腺の水分子を振動させることで汗腺を破壊し、その後破壊された汗腺はそのまま体内に吸収されることとなります。こ

の違いは一見小さく見えますが、体内にある組織を取り出すか、自然に吸収させるかはその後の腋の状態に大きく関わってくる重要なポイントなのです。吸引法で汗腺を吸い出す場合、どうしても周囲の皮下脂肪などの組織も纏めて吸い出すことになってしまい、その分腋へのダメージが大きくなってしまいます。しかしマイクロウェーブなら目標が水分子であり、主に汗腺のみを破壊することができ、更には自然に体内に吸収されることから、施術後の経過が良好となり、腋を中心とした身体への負担が最小限に済ませられるのです。

ページのトップへ